帝王切開

TOP豆知識目次>Summary

帝王切開と虫歯の関連

食育の情報 歯の豆知識 自費と保険 歯科と禁煙 咀嚼の効果 予防と薬剤


帝王切開が新生児の虫歯リスクを高める?


米国ニューヨーク大学の研究結果から・・・

2005年、米国ニューヨーク大学歯学部の研究で、虫歯を有し帝王切開で出産する女性は、生まれた赤ちゃんの口腔衛生に特に注意が必要であることが示されました。

虫歯の原因菌としてよく知られる細菌に「Sミュータンス」というレンサ球菌があります。Sミュータンスはお口の中に入り込んできた「糖質」や「でんぷん」と接触すると、瞬時にそれらを「酸」に換え、歯の表面を溶かし始めます。
これが、虫歯の第一歩となります。

大学の研究グループは、母体を通じて新生児に感染する、このSミュータンスに注目して、経膣分娩と帝王切開による出産では新生児の虫歯発生リスクに大きな差があることを明らかにしました。

調査の対象になったのはアメリカ・アラバマ州に住む母子で、経膣分娩127例と帝王切開による出産29例の合計156組の母子だそうです。
(比較対象とするには数の開きが大きいようにも思いますが、いかがでしょうか?統計学に詳しい方いましたら教えてください)

調査の結果、帝王切開で出産した赤ちゃんは、経膣分娩で出産した赤ちゃんよりも、Sミュータンスに感染するのが1年早いことが示されました。
経膣分娩の場合、生後28.8ヶ月(平均)で感染の兆候が見られるのに対し帝王切開の場合では、生後17.1ヶ月(平均)だそうです!

早期に細菌感染すると子どものう蝕罹患率が高くなるという研究結果がすでに明らかになっていることから、この研究結果は大変興味深く重要であると思うのです。

さらに、この研究によると帝王切開で出産した母親は高レベルでSミュータンスを有しており、平均で1/3の歯に虫歯があったそうです。
(虫歯の数としてはかなり多いです。)

では、なぜ帝王切開と経膣分娩では新生児の感染率に差が出るのか・・・。
この研究グループはその理由の1つとして、「帝王切開によって出産した場合、出生時にあまり細菌に暴露しないため、細菌に対する抵抗力が弱くなり、感染しやすいのでは・・・」と述べています。

感染率に差が出る理由は、母親の高レベルなSミュータンスの感染が最たるものなのか、それともやはり出産方法の違いによるものなのかは不明で、今後の研究に期待したいところです。

参考文献
Journal of Dental Research[84(9).806-811,2005]
Dental Tribune TheWorld's Dental Newspaper/J.Edition
Vol.1-8.2005/11

 


Contents
 TOPページ
 歯の資料館
 チェックシート
  歯周病とは?
 歯周病の原因
 歯周病治療
 歯周病と骨粗鬆症
 虫歯とは?
 虫歯の原因
 虫歯治療
 歯の構造
 歯の磨き方
 妊婦さんへ…
 赤ちゃんのお口…
 口臭の原因
 食べ物と丈夫な歯
 デンタルフロス
 歯間ブラシ
 歯磨き剤と洗口液
 歯周病と全身疾患
 発達年齢と歯科
 自閉症と歯科治療
 ダウン症候群
 歯科の心得
 歯のQ&A
Web Master
 プロフィール
 


[TOP]
[歯の資料館][セルフチェックシート][歯周病とは?] [歯周病の原因] [歯周病治療] [歯周病と骨粗鬆症]
[虫歯とは?] [虫歯の原因] [虫歯治療][歯の構造] [歯の磨き方]
[妊婦さんへ…] [赤ちゃんのお口…] [口臭の原因] [食べ物と丈夫な歯]
[デンタルフロス] [歯間ブラシ] [歯磨き剤と洗口剤] [歯周病と全身疾患]
[発達年齢と歯科][自閉症と歯科治療][ダウン症候群と歯科][歯科の心得][歯のQ&A]

[8020達成者][プロフィール]

サイトコンセプト   サイトマップ 

[メール]

★当WEBサイトに掲載されている画像ならびに写真等はすべて管理人自ら作成、撮影したものであり、その著作権は管理人に帰属します。
画像・写真等の無断でのご使用を禁止します。

Copyright (C) 歯の病気と健康 All Rights Reserved.