生活が不規則になりがちである。
 
食生活が乱れ、偏食になってしまうことが多い。
 
唾液が出にくく、お口の中が乾燥しやすい。
 
1日に1度も歯磨きをしないこともよくある。
 
消化器系・耳鼻咽喉系疾患を有し、口内炎がよくできる。
 
過去に歯周病と診断されたが、放置したままで治療を受けていない。
 
未処置の虫歯がある。
 
口臭があると他人から指摘を受けることがある。
 
お口の中がネバネバし、まずい味がすることが多い。
 
定期健診を受けており、必要に応じて治療も受けている。
現在、上記に該当する項目はない。

評 価
チェック欄の色によって危険度が異なります。
黄色=要注意です!
ここに1つでも該当する場合は、口臭症の可能性があるものと思われます。
歯科医院で精査してもらいましょう。
赤色=口臭症の可能性が高い状態!
ここに1つでも該当する場合は、口臭症を罹患している可能性が極めて高いと考えられます。できるだけ速やかに歯科医院を受診しましょう。
青色=一先ず安心。
口臭症の可能性は低いと思われますが、今後も定期健診を受け異常を感じたら早めに処置をしてもらいましょう。
Copyright (C) 歯の病気と健康 All Rights Reserved.